トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO : 安全な血液供給の措置を強化

世界の多くの地域で安全な血液と血液製剤の供給が進まず、患者の安全を危険にさらし、医療従事者に過度の負担をかけています。
全世界の1億1800万回の献血のうち、42%が世界人口の16%が住む高所得国で収集されています。低所得国の4か国のうち1か国は献血した血液を検査しておらず、54%の国では献血から患者までのサプライチェーンを保証する監視システムがありません。
WHOはすべての国、特に血液 ・ 血液製剤供給システムが脆弱な国に対して6つの目標を設定し、2020〜2024年に実行します。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

「WHOアクションフレームワーク2020-2023」はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2020年3月2日
公益社団法人日本WHO協会 事務局