トップページ > イベント情報

イベント情報

女性器切除は女性と経済を傷つける

女性器切除(FGM: Female Genital Mutilation)の治療に世界で年間14億米ドルを要しています。
FGMは破壊的な人権侵害であり、これを受けた何百万もの女性は、健康と幸福に関する深刻な身体的、精神的傷を負っています。
性器切除は人権侵害として国際的に認められており、医学的利益はなく害を引き起こすだけでなく、国の経済的資源をも無駄にしているのです。
FGMを決して行ってはならない、というのがWHOの立場です。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

FGMのファクトシートはWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

FGMのコスト計算ツールはWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2020年2月10日
公益社団法人日本WHO協会 事務局