トップページ > イベント情報

イベント情報

喫煙は術後合併症リスクを大幅に増加

喫煙者は、心臓および肺の機能障害、感染症などを始めとして、創傷治癒の遅延を含めた術後合併症のリスクが非喫煙者よりも著しく高くなっています。
WHO、ニューカッスル大学、世界麻酔科学会連合の共同研究によると、手術の4週間以上前に禁煙すれば合併症のリスクが低くなり、術後6か月間にわたって良好であることも明らかにしています。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

研究報告書の要約はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)PDF
2020年1月24日
公益社団法人日本WHO協会 事務局