トップページ > イベント情報

イベント情報

コレラ患者、世界で60%減少

WHOは2018年のコレラの患者数が世界で60%減少したとする報告書を発表しました。報告書はハイチ、ソマリア、コンゴ等のコレラ流行地を含めて世界のコレラ予防が大きく前進しているとしています。WHOはコレラの影響を受ける国の保健省に支援を提供し、監視、集団発生の対応、予防措置等を実施しています。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
報告書はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)PDF
『Ending Cholera A Global Roadmap to 2030』はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

2019年12月24日
公益社団法人日本WHO協会 事務局