トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO、男性の喫煙者は減少に向かう : 世界のたばこ使用動向の報告書

2020年には喫煙する男性数は減少に向かうとWHOは予測しています。これは政府主導の努力を強化することによって地域社会の健康を喫煙の害から守ることができることを示しています。
2000年から2018年の間に世界全体のたばこ消費量は約4%減少して13億4000万人になりましたが、その減少は主に女性に起因し、男性の使用者は引き続き増えてきました。しかし、男性の喫煙者が初めて減少するとことは大きなターニングポイントです。

(備考) この報告書では電子たばこについては取り上げていませんが、来年に電子たばこに関する報告書を発表する予定です。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
報告書『WHO global report on trends in prevalence of tobacco use 2000-2025, third edition』はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

2019年12月24日
公益社団法人日本WHO協会 事務局