トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO : HIVの革新的な検査ガイドライン発行

WHOは、HIVに罹患しながら診断も救命治療も受けられずにいる各国の810万人の人々のための新しいガイドラインを発行しました。
HIVの状況は過去10年間で大きく変化してきましたが、今なお診断されていないということでまだ多くの人々が必要な治療を受けられないでいます。
HIV検査は、早期診断 ・ 治療開始のための鍵です。検査法の向上により、毎年170万件の新たなHIV感染が減少するでしょう。
記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
HIV検査に関する新しい統合ガイドライン『Consolidated guidelines on HIV testing services for a changing epidemic』は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年11月28日
公益社団法人日本WHO協会 事務局