トップページ > イベント情報

イベント情報

風疹大幅減少も、子ども10人のうち3人はまだ保護されず

WHOとCDC (米国疾病管理予防センター) による新しい研究によると、世界の乳児の半数以上が風疹ウイルスから保護されており、世界80ヶ国以上がこの病気を根絶しています。
これは、特に低所得国において安全で効果の高い風疹ワクチンの普及が拡大したことによるものです。
多くの国では予防接種により風疹とCRS (先天性風疹症候群) が過去のものとなりましたが、ワクチンで予防できる病気は、ワクチン接種を中止すればすぐに復活する可能性があります。
風疹の事例が示すように、根絶したという自己満足で終わってはならないのです。風疹ワクチンを予防接種スケジュールに含める必要があり、政治的および地域社会のリーダーシップと履行を必要としています。
(備考)
WHO/CDCの風疹除去研究では、2018年に風疹から保護されている乳児は69%でした。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
週間疫学記録 (4 October 2019) はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年10月8日
公益社団法人日本WHO協会 事務局