トップページ > イベント情報

イベント情報

エボラウイルス病のIHR緊急委員会声明

WHO事務局長は国際保健規則 (IHR : 2005) に則り緊急委員会委員およびアドバイザーを招集し、10月18日、エボラウイルス病の突発的発生状況に関する緊急委員会を開催しました。
コンゴでは10月13日時点で3228人の症例が報告され、そのうち2123人が死亡しています (死亡率66%) 。
委員会は近隣諸国の対応等もレビューした結果、IHRにおける「国際的に懸念される緊急事態 (PHEIC : Public Health Emergency of International Concern) 」に該当するとして、事務局長に対して、暫定勧告の改訂版を発出するためのアドバイスを行いました。
記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年10月23日
公益社団法人日本WHO協会 事務局