トップページ > イベント情報

イベント情報

世界結核報告書2019発行 : 300万人が未だ治療を受けられず

2018年に結核の診断と治療を受けた人の数は700万人で、2017年の640万人から増加し、国連の政治的宣言の目標の一つに前進しました。
WHOのグローバル結核報告書によると、2018年の結核による死亡者数は150万人で、2017年の160万人から減少しました。新規患者の発生は確実に減少しているものの、2018年には約1000万人が結核を発症しています。特に5歳以下の子供の結核について対策は不十分です。
この報告書では2030年までのSDGsの目標達成のために世界が取組みを加速しなければならないことを強調しています。
記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
世界結核報告書『Global TB Report』2019はWHOのウェブサイトからダウンロードしてください。(英文)
2019年10月21日
公益社団法人日本WHO協会 事務局