トップページ > イベント情報

イベント情報

出産中の女性の虐待 : 新しいエビデンス

ランセットに発表されたWHO主導の研究報告によると、4つの低所得国 (ガーナ、ギニア、ミャンマー、ナイジェリア) の女性の3分の1以上が医療施設での出産中に虐待を受けたことを示しています。若く、十分な教育を受けない女性ほど虐待のリスクが高くなっています。それらは医療従事者による身体的暴力、言葉による暴力、烙印、同意なしの医療的措置、無視などです。
WHOは、女性が思いやりと尊厳をもって扱われることを保証するための適切な措置が実施されるよう求めています。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
The Lancetの報告書はランセットのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2018年の分娩中のケアに関するWHO勧告はウェブのサイトをご覧ください。(英文)
2019年10月9日
公益社団法人日本WHO協会 事務局