トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO、ホルモン避妊薬使用のガイドライン改訂

WHOは最新の科学的エビデンスを反映させて、HIVの高いリスクを持つ女性の可逆的避妊法に関するガイドラインを改訂しました。これにはインプラント、子宮内避妊器具、プロゲストゲン注射剤などすべてが含まれます。
ただし、HIVを含む性感染のリスクがある場合は、コンドームを使用する必要があることを強調しています。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
ガイドライン (Contraceptive eligibility for women at high risk of HIV) はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年9月2日
公益社団法人日本WHO協会 事務局