トップページ > イベント情報

イベント情報

国連、新生児と妊婦の推定死亡率発表

ユニセフとWHOが主体となって作成した新生児と妊婦の推定死亡率に関する報告書が国連から発表されました。
2000年以降、子どもの死亡率は半減し、妊産婦の死亡率は1 / 3以上減少しています。これは手頃な価格で質の高い医療サービスが利用できるようになったことによります。
しかしながら、世界ではなお280万人の妊婦と新生児が毎年死亡しています。これは11秒ごとに死亡するという計算になります。サハラ以南のアフリカでは他の地域よりも高い死亡リスクに直面しています。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
子どもの死亡率報告書はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
妊婦の死亡率報告書はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年9月26日
公益社団法人日本WHO協会 事務局