トップページ > イベント情報

イベント情報

コンゴ : エボラワクチンの包囲接種にゴーサイン

コンゴ民主共和国は、エボラワクチンの第2回接種としてJohnson & Johnsonが製造した実験的エボラワクチンのを10月中旬から導入する計画を発表しました。
このワクチン接種は56日間を空けて2回接種を行うもので、患者と濃厚接触した人々を対象にした、予防範囲の拡大対策となります。このワクチンはメルクによって開発されたワクチンを補完するものとなります。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年9月26日
公益社団法人日本WHO協会 事務局