トップページ > イベント情報

イベント情報

医療における患者の危険性を減じる緊急の行動を要請

危険な医療のために世界で毎年何百万人もの患者が被害を受け、低中所得国だけで年間260万人が死亡しています。これらの死はほとんどが回避可能であり、社会的・経済的影響は世界で数兆米ドルの損失につながっています。
WHOは、9月17日を初めて世界患者安全の日 (WPSD : World Patient Safety day) とし、患者との連帯キャンペーンを開始しています。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
WHOのキャンペーンの詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年9月19日
公益社団法人日本WHO協会 事務局