トップページ > イベント情報

イベント情報

コンゴで活かされている西アフリカの8つの教訓

西アフリカでのエボラ流行 (2014〜2016年) の8つの教訓が国際社会の対応に変化をもたらし、現在のコンゴ民主共和国で活かされています。

1. 対応の核心を突いた研究
2. 迅速な臨床検査 (GeneXpert)
3. 試験中のワクチン接種による救命
4. 効果的治療法を見出すための活動 (エボラの最適支持療法ガイドライン)
5. 生存者の支援
6. 社会科学を取り入れたコミュニティとの交流
7. WHOの緊急対応体制の変更
8. 緊急対応基金の設置

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年8月29日
公益社団法人日本WHO協会 事務局