トップページ > イベント情報

イベント情報

マイクロプラスチックのさらなる研究と規制強化を

WHOは環境中のマイクロプラスチックの健康に対する潜在的な影響について、すでに公表した飲料水中のマイクロプラスチィックの研究からさらに一歩進めた評価とプラスチック汚染の削減を求めています。
飲料水に関する最新の知見をまとめた分析によれば、150マイクロメートルを超える大きさのマイクロプラスチックは人体に吸収される可能性が低いものの、ナノサイズの粒子の吸収は高くなる場合が考えられます。しかしデータは十分ではありません。
健康に及ぼす影響を正確に評価するには、測定方法の開発やマイクロ化および有効な水処理に関するさらなる研究が必要です。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
飲料水中のマイクロプラスチックに関する報告書はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年8月26日
公益社団法人日本WHO協会 事務局