トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO、肝炎根絶に投資を各国に要請

ランセット・グローバルヘルスに発表されたWHOの新しい研究によると、中低所得国67か国で年間60億米ドルの投資により、2030年までに450万人の早期死亡と、肝炎根絶目標時期以降に2600万人以上の死亡が回避されるとしています。
WHOの世界肝炎戦略は、2016年から2030年の間に新規肝炎感染を90%、死亡を65%減らすことを目指しています。WHOは、世界肝炎デー (7月28日) にあたり、肝炎根絶への投資拡大を要請しています。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
ランセット・グローバルヘルスの研究報告はランセットのウェブサイトをご覧ください。(英文)
2019年7月29日
公益社団法人日本WHO協会 事務局