トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO、喫煙蔓延の状況について報告書を発表

今回の報告書では、たばこ規制枠組条約 (FCTC) の各国の取組みを分析しています。
世界では50億人以上がタバコの規制措置を導入した国に住んでいます。この人数は10年前の4倍以上になりますが、多くの国ではたばこ規制の政策がまだ適切に実施されていません。
現在の喫煙者は11億人と推定され、その80%が中低所得国に住んでいます。

※ニュース本文には記載されていませんが、レポートの中では、電子たばこや加熱たばこも健康上のリスクがあるとしています。

記事の詳細は、WHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
報告書『WHO report on the global tobacco epidemic 2019』はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

2019年7月29日
公益社団法人日本WHO協会 事務局