トップページ > イベント情報

イベント情報

紛争地域の5人に1人は精神障害を抱えている

WHOの推定によると、紛争地域では考えられている以上に精神障害を持つ人々がいることが分かりました。
5人に1人が何らかの精神障害を抱え、10人に1人が中程度から重度の精神障害を抱えて生活しています。
ケアを受けることは精神の健康を改善するにとどまらず、生存の問題でもあります。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
発表されたWHOの推定はThe Lancetのウェブサイトをご覧ください。(英文)

2019年6月13日
公益社団法人日本WHO協会 事務局