トップページ > イベント情報

イベント情報

国立国際医療研究センターNCGM、世界保健総会でアラブ首長国連邦保健基金賞を受賞

世界保健総会で、日本のNCGMが「アラブ首長国連邦保健基金賞」を受賞しました。この賞は保健開発に優れた功績のあった個人や団体におくられるもので、これまでビル&メリンダ・ゲイツ財団やヒラリー・クリントン氏等が受賞しています。
國土典宏理事長の受賞挨拶は以下の通りです。

・ 日本が医師を派遣し始めたのは1979年のアルマアタ宣言の後から
・ 4800人以上の専門家を140の中低所得国へ配置
・ 5000人以上の研修生がNCGM医療専門家コースを受講

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)

(備考) NCGMの受賞記念フォーラムが6月7日に開催されます。
詳細は国立国際医療研究センター国立理療協力局のウェブサイトをご覧ください。
2019年5月28日
公益社団法人日本WHO協会 事務局