トップページ > イベント情報

イベント情報

WHOとユニセフ、保健施設の水と衛生環境に関する報告書を発表

WHOとユニセフによるJMP (*) の初めての包括的な報告書「WASH in Health Care Facilities」によると、世界中の医療施設のうち4ヵ所に1カ所は基本的な給水サービスがなく、20億人以上が影響を受けています。
特に後発開発途上国 (LDCs) では保健施設の55%しか基本的な水の供給がありません。
毎年100万人以上が不衛生な出産によって死亡しており、感染症は新生児死亡の26%、妊婦死亡の11%を占めています。
この問題については5月の世界保健総会でも討議される予定です。
(*) JMP;Joint Monitoring Programme for Water Supply, Sanitation and Hygiene

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
平成31年4月4日
公益社団法人日本WHO協会 事務局