トップページ > イベント情報

イベント情報

マラウイでマラリアワクチンのパイロット試験を開始

マラウイで世界初のマラリアワクチンのパイロットプログラムが開始され、RTS,Sとして知られるワクチンが2歳までの子どもに提供されます。ガーナとケニアでも今後数週間以内に開始される予定です。
特にアフリカで年間25万人の子供がマラリアで死亡し、世界では43万5千死亡しています。そのほとんどが子供たちです。
WHOがコーディネートしたパイロットプログラムは、ガーナ、ケニア、マラウイの保健省やNPOであるPATH、GSK (グラクソスミスクライン社) など様々なパートナ―との共同作業で進められているもので、3か国で年間36万人の子どもたちへの接種を目指しています。

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
平成31年4月24日
公益社団法人日本WHO協会 事務局