トップページ > イベント情報

イベント情報

2019世界結核デー

ロベルト・コッホが結核の原因となる菌を発見したと発表した1882年3月24日にちなみ、WHOはこの日を「世界結核デー」に定めています。
結核は現在でも世界で最も致死的な感染症です。予防、治療とも可能であるにも関わらず、結核で毎日約4500人が命を落とし、約3万人が新たに罹患しています。

今年の世界結核デーのテーマは「It’s time」とし、世界の指導者がコミットした以下の緊急行動を強調しています。
・ 予防と治療へのアクセスを拡大
・ 説明責任の構築
・ 研究を含む十分かつ持続可能な資金調達の確保
・ スティグマと差別解消の促進
・ 公平かつ権利尊重に基づいた、人を中心とした結核対策を推進

記事の詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
世界結核デーのキャンペーンサイトもご覧ください。(英文)
平成31年3月26日
公益社団法人日本WHO協会 事務局