トップページ > イベント情報

イベント情報

WHOとITU(国際電気通信連合)、若者の聴力障碍を予防するための国際規格発行

12〜35歳の人々の50%近く、すなわち11億人の若者が、パーソナルオーディオ機器を通じた大音量の音楽を長時間聴くことによる聴覚障碍のリスクに曝されています。
国際耳の日 (3月3日)に先立ち、WHOとITU (国際電気通信連合) は聴覚障碍予防のため、スマートフォンなどを含む機器の製造と使用に関する新しい国際規格を発行しました。

詳細はWHOのウェブサイトをご覧ください。(英文)
WHO-ITU国際規格『Safe Listening Devices and Systems』は下記ウェブサイトをご覧ください。(英文)(PDF)PDF
平成31年2月14日
公益社団法人日本WHO協会 事務局