トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO、がん性疼痛に関する新しいガイダンスを発表

がんは疾病と死亡の大きな割合を占めています。2018年には1,810万人のがん患者が新規に発症し、960万人が死亡しました。
治療を受けている患者の55%、進行及び末期がん患者の66%が疼痛を経験しており、疼痛管理はがん治療の重要な領域となっています。
WHOのガイドラインには以下のことが含まれています。
・ 鎮痛薬の選択
・ 補助薬の使用
・ 骨転移からの痛みを治療するための特定技術

WHOのガイドラインは下記ウェブサイトをご覧ください。(英文)
がん(cancer)に関する情報を集約したウェブサイトは下記の通りです。(英文)
平成31年2月8日
公益社団法人日本WHO協会 事務局