トップページ > イベント情報

イベント情報

長崎大学、「安定ヨウ素剤投与による甲状腺ブロック:放射線災害および原子力災害への計画と対応における利用ガイドライン」を翻訳

世界保健機関(WHO)は、チェルノブイリ原発事故を受け1999年に原子力災害時における安定ヨウ素剤投与についてのガイドラインを策定しましたが、福島原発事故を受け2017年にその改訂版を公表しました。 長崎大学でこの改訂版ガイドラインの翻訳を行い、このたびWHOのホームページに英語、スペイン語とともに日本語版が掲載されました。 (備考) 長崎大学は、2004年から「放射線誘発甲状腺がんと放射線リスク制御」におけるWHO協力センターに再指定されています。
ガイドライン(日本語版)(PDF:1,869KB) 安定ヨウ素剤投与における甲状腺ブロック 〜放射線災害および原子力災害への計画と対応における利用ガイドライン〜 については、WHOのウェブサイトをご覧ください。
ガイドライン(英語版) Iodine thyroid blocking  Guidelines for use in planning and responding to radiological and nuclear emergencies については、WHOのウェブサイトをご覧ください。
平成30年10月29日
公益社団法人日本WHO協会 事務局