トップページ > イベント情報

イベント情報

大気汚染と子供の健康に関する報告書

大気汚染と健康に関する世界会議(10月30日〜11月1日)に先立ち、大気汚染と子供の健康に関する新しい報告書が発表されました。 報告書では、世界の15歳未満の子どもの93%(18億人)がPM2.5がWHO基準を超える場所で生活しており、2016年には汚染された空気に起因する呼吸器疾患で60万人が死亡したと推定しています。 報告書は各国政府に対して、大気汚染の原因となる化石燃料の使用抑制などを求めています。
報告書(Air Pollution and Child Health)はWHOのウェブサイトをご覧ください。(PDF)
大気汚染と健康に関する世界会議のサイトについてはWHOのウェブサイトをご覧ください。
大気汚染に関するファクトシート「環境大気(屋外)の質と健康」は当協会のファクトシートのページをご覧ください。(PDF)
平成30年10月31日
公益社団法人日本WHO協会 事務局