トップページ > イベント情報

イベント情報

WHO70周年、世界保健デー2018

WHOは1948年4月7日に第1回総会が開かれ創設されました。この日を世界保健デーとして、毎年、世界的に重要であり課題性のある健康課題をテーマに選定して、その啓発キャンペーンが行われます。
創立70周年の節目を迎える今年の世界保健デーのテーマは、Universal health coverage: everyone,everywhere「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ:誰もがどこでも保健医療を受けられる社会」、スローガンはHealth for All「すべての人に健康を」です。
全ての人が生涯を通じて必要な時に基礎的な保健医療サービスを負担可能な費用で受けられるというUHCは、WHOの創立理念としてWHO憲章前文に掲げられる項目の一つ「人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとっての基本的人権のひとつです」にかかわるものであることが、WHOのリリースでも謳われています。
UHCに関しては、2016年のG7伊勢志摩サミットやUHC東京宣言を採択したUHCフォーラム2017など、我が国も国際的議論に主導的に取り組んできているものです。

創立70周年に関するWHOリリースはWHOホームページのこちら(英文)
世界保健デーのキャンペーンについてはWHOホームページのこちら(英文)
厚生労働省による世界保健デー2018の紹介は厚労省ホームページのこちら
ユニバーサル・ヘルス・カバレッジのファクトシート日本語版はこちら

平成30年4月5日
公益社団法人日本WHO協会 事務局