トップページ > イベント情報

イベント情報

若者の難聴リスクに警鐘


WHOでは3月3日の国際耳の日International Ear Care Day に際して、若者たち11億人がスマートフォンなどの音響機器利用や娯楽イベント等での大音響により深刻な難聴リスクに晒されていることに警鐘を鳴らすリリースを発表しました。
中・高所得国の12〜35才年齢層では、約50%がオーディオで、約40%が娯楽施設で危険レベルの音響に晒されており、85デシベルで8時間、100デシベルで15分を超えると危険だとして、音量を下げたり、連続して聴かないよう休憩をとったり、日常スマホなどオーディオ使用を1日1時間までに制限することなどが勧告されています。世界では3億6000万人が日常生活に支障が出る聴力障害を抱えており、予防のための啓発活動の推進が求められています。

WHOの発表はこちら (英語)

「難聴と聴力障害」のファクトシート日本語版はこちら

平成27年3月2日
公益社団法人日本WHO協会 事務局